在宅スタッフ

kurataeさん


在宅で働こうと思ったきっかけは何ですか?

 

我が家には発育にフォローが必要な子どもがいます。

できる限り対応できるよう、フレキシブルに働ける環境を探していましたが、なかなかいい条件のところは見つかりませんでした。

そこでたどり着いたのが在宅です。

もともと大学で文章表現を専攻しており、書くという仕事に興味もありました。

ライターというと敷居が高いイメージですが、在宅ママライターなら私でもチャレンジできるかも、と思ったのがきっかけです。

 

実際に在宅で働いてみてどうですか?

 

通勤や身支度の時間を必要とせず、スキマ時間をすべて仕事に費やせるのがいいなと感じています。

昔から「朝活」派なのですが、朝の静かな時間に集中して仕事ができるのもありがたいです。

早朝パートなどで働くとなると、子どもの朝ご飯の支度をしたり自分の身支度をしたりと時間が必要になりますが、

ベッドから出てすぐ作業ができるのも、ズボラな私にぴったりでした。

人間関係の煩わしさもなく、私にとっては本当にストレスフリーな環境ですね。

今、具体的に取り組んでいる仕事は何ですか?

 

クライアント様から提示されたテーマに基づく記事作成や、仕上がった記事の検品作業などを担当しています。

今までの職歴や自分の興味に基づいたお仕事が多いので、とても楽しく取り組ませていただいています。

 

この仕事をやってよかったと思うことがあれば、教えてください。

 

私は今まで2回転職を経験し、それもまったく違う業界を渡り歩いてしまいました。

その時々でやりたいことではあったのですが、子育て中に復職を考えられるキャリアがないことに悩みもあり、

キラキラ働いているママ友に憧れを抱いていました。

この仕事では、そのときの知識や経験がすべて仕事に活かせているので、本当にありがたいと感じています。

ママとしての知識を必要とする仕事もあり、無理なく自分らしい働き方ができています。

また、仕事をする上で常に新しい知識が得られることもよかったことのひとつです。

 

将来、どうなりたいですか?

できれば、自分のキャリアと呼べるくらいには、今の仕事を続けていきたいです。

今は子育てに比重を置いていますが、ゆくゆくはもっと収入面もアップさせていきたいと思っています。

そして、在宅のママでもしっかり稼げるんだということを、もっと多くの人に知ってもらえたら嬉しいですね。

 

在宅で働こうとしている方へ向けて、一言お願いします。

 

在宅で働くことは、今やトレンドのひとつと言えます。

インターネットが発達し、働き方が多様化している今、在宅という選択肢は決して珍しいものではなくなっています。

最初は、これだけ??と思うかもしれません、私もそうでした。

でも仕事内容に慣れ、リズムさえできてしまえば、在宅での仕事は少ない負担で効率的に取り組めるものだと思っています。

まずは無理のないペースからはじめることがおすすめです。


Another voices...

ENTRY