在宅スタッフ

ひがりなさん


在宅で働こうと思ったきっかけは何ですか?

 

結婚してしばらくはパート主婦をしていたのですが、今後妊娠・出産・育児をすることを考えると、自宅にいながら働くことができる在宅ワークができたらいいなと思っていました。

通勤退勤がないので時間を有効活用できますし、化粧など身支度の必要がないのは正直かなりありがたいです。

 

実際に在宅で働いてみてどうですか?

 

思っていたほど楽ではなかったな…というのが正直なところですね。

産後は、「子どもを見ながら働く」と思っていたのですが、実際子どもの世話をしながらPC仕事をすることは難しく、子どもが昼寝をしている間や夜寝たあとなど、

子どもが眠っている時間に業務を行っています。

子どもの世話をしつつ…は大変な部分もありますが、在宅で働けるのは本当にありがたいです。

小さい子どもを預けなくてもいいので保育園代がかかりませんし、常にそばで見守ることができるのが個人的には最大のメリットだと思います。

また、子どもや自分が体調不良になったときは、できる範囲でスケジュール調整をして働けるので、無理なく自分のペースで業務を進めることができます。

過去いろいろな仕事をしてきましたが、ワナグロウでの在宅ワークが一番自分に合っていると感じています。

 

今、具体的に取り組んでいる仕事は何ですか?

 

現在は、WGに所属しているライターさんのスケジュール管理が主な仕事です。

誰にどの案件をお願いするか、何本割り振りをするか、この方は今月お休みだから代わりに誰にお願いするか、といった業務ですね。

他にも、記事の検品やコピペチェック、ご応募いただいた方のテスト記事チェックなどを行いつつ、自身で記事執筆をすることもあります。

 

在宅ワークをしている上で、何か悩みはありますか?

 

在宅ワークが、もっとメジャーな働き方になればいいなと思っています。

例えばですが…

近所の人「家で働けるなんて楽でいいわね。」

親戚「在宅ワークなんて怪しい!詐欺じゃないの?騙されていない?」

など、ある種偏見のようなイメージが先行して、世間にいろいろ誤解されているように感じています。

そのため、「在宅ワークをしている」と言いにくいことも…。

実際在宅ワーク詐欺は多いですし、自分自身過去に1回だけ引っかかりかけたことがあります…。(電話越しに断れたので実害はありませんでした)

「在宅ワークをしていると幼稚園で言うと、役員とかを無理矢理押しつけられるから言っていない。」

という声も聞いたことがありますね。

確かに在宅ワークにはたくさんのメリットがありますが、

決して楽をしているわけではないですし、在宅ワークならではの苦労もあります。

しかし実際に体験しないとわからないことも多いので、反論のしようがないのが現状です。

在宅ワークという働き方がもっと普及して、多くの人が正しい認識を持ってくれるようになることを望みます。

(あと在宅ワーク詐欺は撲滅したいです!)

 

将来、どうなりたいですか?

 

子どもが幼稚園や小学校に通い出したら、少しずつ仕事量を増やして行けたらと思っています。

また、日本語や文章構成の勉強をし直したり絵の練習をしたりと、仕事につながりそうなこともそうでないことも、

やりたいことにどんどんチャレンジしていきたいです。

 

在宅で働こうとしている方へ向けて、一言お願いします。

在宅ワークはまだ浸透しきっているとは言いがたいですが、受け入れの間口はかなり広いと感じています。

とくに、主婦やママさんにとってはメリットが多いので、働こうか迷っている方や働きたいけど子どもの預け先がない方などには、本当におすすめです。

とりあえずやってみるだけならタダなので、興味がある方はチャレンジしてみてくださいね!

(逆に、最初に高額な登録料や授業料を請求してくる会社は怪しいので、ご注意ください。)


Another voices...

ENTRY