不動産写真を上手に撮る3つのポイント

写真で物件の魅力を伝えることは簡単のように見えますが、なかなか上手くいかないものです。
こちらでは、不動産の物件写真を上手に撮るポイントを3つご紹介します。

部屋の広さと目線を意識する

一般的なカメラで撮影すると、実際よりも狭く写ってしまう場合があります。広さをアピールしたいなら、広角レンズを活用すると良いでしょう。また、部屋の広さを表現するなら、カメラを普通に構えるだけでなく、ときには縦の写真も撮ってみましょう。
実際に生活するとどのように見えるのか、撮影するときのカメラの高さを直立、またはイスに座ったときの生活目線で構えてみると自然な感じが出ます。

実際の部屋に近い印象の照明

不動産撮影の場合、暗いからといってフラッシュ機能を使用するのではなく、部屋の照明にできるだけ自然光を取り入れての撮影がおすすめです。弱い光量のフラッシュ機能を補えるだけでなく、室内が明るい印象になり、より自然な雰囲気の写真となります。明暗の差が激しくなってしまうと、不自然な仕上がりになってしまうので気をつけましょう。部屋に照明がなく、どうしても部屋が暗く写ってしまう場合は、AEL機能を使用すると上手くいきます。

真っ直ぐは写真の基本

シャッタースピードが遅くなって生じる手ブレ、レンズの焦点、左右どちらかに傾くことなく真っ直ぐ撮影されていることが絶対条件です。傾いた内観写真は心理的に不安にさせるだけでなく、信用にも影響が出ます。水平垂直が保たれた写真を上手く撮影するコツとしては、部屋にある縦の線を活用することです。 例えば、窓枠や部屋の角、開閉ドアなど部屋の中には縦の線が多く存在します。その縦の線を意識しながら撮影すると水平を保った物件写真が撮れます。

しかし、社員には営業活動に注力させたいと考えて、物件入力代行を依頼する不動産業様が多い中、内観写真の撮影時間のために営業活動の時間を削っては、本来の業務に支障が出てしまいます。そのような不安は、物件入力も内観写真の撮影もすべて、代行業者におまかせください。

弊社では、他社物件と差別化を図りたいとお考えの不動産会社様のために、ハイクオリティーな写真を提供いたします。
もちろん、不動産サイトへの物件入力代行も承っております。不動産の撮影代行業者・物件入力代行業者をお探しなら、ぜひ弊社までお問い合わせください。