物件入力の外注化の意義

繁忙期の不動産会社スタッフは、多くのお客様の対応をせざるを得ません。賃貸物件の最新情報を常に更新できれば、外回りの営業担当も他社との競争に有利になりますが、お客様への対応の方が多くの時間を必要とするため、データ入力などの業務は後に回されてしまうことも少なくありません。しかし膨大なデータ入力は非常に時間がかかる作業です。
煩雑な作業はデータ入力代行会社に委託しませんか? ここで物件入力の外注化の意義について、ご紹介いたします。

外注に向いているデータ入力代行

不動産ポータルサイトは、自社と外部の両方を運営する必要があります。またクラウドや仮想化の浸透で、更新作業に関するデータ入力量も増え続けています。しかし成長に不可欠な事業やシステムに投資するためには、運用コストを低減することも必要です。
不動産業では繁忙期にはスピード営業を展開し、閑散期にはイベントや法人営業に力を入れたいものです。物件情報などのデータ入力は不動産に関する専門知識も不要です。作業をルーチン化できれば、外部委託することで経費を抑えることも可能になります。営業しながらの入力作業や新規物件の紹介が遅くなると、間違いが発生したり優良客を逃したりすることに繋がります。物件入力を外注化すれば社員の業務時間の短縮や、余分なコストを戦略的に活用することができるのです。

物件入力の重要性

物件情報の掲載を増やすことは、取り扱い物件数が豊富なことをアピールするためにも非常に重要です。また外観や間取りなど、正確な物件情報を提供することで不動産会社としての信用が増します。しかし物件情報の入力は、単純作業になりがちでパソコンに慣れている方でも面倒だと感じることの多い作業です。画像を加工したり、WEBサイトの更新を行ったりするため、パソコン操作に関してある程度の知識も必要になります。

時間を有効に使い、コストを削減

しかし物件入力に時間をかけてしまっては、営業時間の確保が難しくなります。不動産会社の業務内容は多岐に渡ります。例えば物件紹介や法人挨拶、賃貸管理のトラブル対応や不動産売買などが挙げられます。これらの業務に社員が専念して、物件入力はデータ入力代行サービスを活用してはいかがでしょうか。営業担当に負担をかけることもなく、アルバイトや事務スタッフを雇う必要もありません。

弊社はデータ入力代行サービスを行っています。不動産会社にとって重要な物件情報入力にも力を入れています。また外部のポータルサイトのみならず、ブログなどの情報発信サイトの代行入力にも対応しています。短期間で物件入力できる即納品プランと、1ヶ月以内に入力する月まとめプランをご用意しています。物件入力やデータ入力代行のことなら、お気軽にお問い合わせください。