顧客を獲得しやすい不動産ホームページとは?

賃貸物件情報を得る手段として近年はネットを利用する方が圧倒的に多いです。不動産会社様ではSEOを行ったホームページを作成しているかと思いますが、SEOは多くの賃貸不動産会社が力を入れており、賃貸不動産のSEOは難易度が高いと言われています。賃貸不動産のホームページは、ホームページ制作の段階からSEOを実施するとともに、訪問者をスムーズにお問い合わせへ誘導することも必要です。

ひと目で分かるデザイン

物件情報を求めてサイトを訪れた方に、知りたい情報をすぐに提供することは顧客獲得の必須条件です。不動産会社において掲載物件件数の多さは重要です。その情報が分かりやすく整理され、どのような物件を取り扱っているかがひと目で理解でき、物件を探しやすいホームページは効果的です。

その手段として、検索システムを導入して希望する物件を的確に探しやすくしたり、「駅近物件」「一人暮らしおすすめ物件」「敷金礼金ゼロ物件」など、カテゴリー分けを行ったりすると探しやすいです。その際、競合他社のホームページの検索方法を把握したり、ユーザー目線で独自の検索条件にしたりすることで他社との差別化が図れます。

役立つ情報や物件の魅力を盛り込む

ホームページでは、物件の概要やアクセスマップ、コメントなどを物件詳細ページに記載すると思います。それらの情報によって物件自体の情報はPRできますが、店舗に来店された方に紹介するような情報もプラスするとより効果的です。店舗でのセールストークの文言を記載すると親近感が湧き、実際にその物件を見てみたいと思ってもらいやすくなります。

また、「物件の上手な探し方」「引っ越しマニュアル」「引っ越しの際に行う手続き」など、物件にまつわる役立ち情報もあるとお問い合わせまで誘導しやすくなります。部屋探しからその後に必要な作業が分かる、というサイトは他のサイトよりも便利だと認識させ、顧客獲得につながります。

BPOの利用で情報更新の手間が省ける

賃貸物件は、入居者を募集してから入居者が決定するまでの流れが非常に早く、物件情報は日々変動します。不動産ホームページは物件情報が商品ですので、情報を随時更新しなければいけません。しかし、情報をリアルタイムで更新することは手間と時間がかかります。
そこでご案内したいのが、ビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)の利用です。

ビジネスプロセスアウトソーシングとは、企業を運営していく上で重要な業務を外部に依頼するサービスです。情報更新の入力作業を入力代行業者に委託することで業務を効率化でき、会社の機能強化につながります。

東京にある弊社では、不動産会社様向けにビジネスプロセスアウトソーシングサービスを提供しております。情報入力やデータ入力に、時間・お金・社員を使いたくないという不動産会社様は、弊社のサービスをご利用ください。豊富な実績と徹底した管理で多くの企業様にご利用いただいております。